医師アルバイト求人ランキング

医師バイトの確定申告

医師のバイトの確定申告

オリンパスの損失隠しが最近テレビを賑わせていますね。 よくあれだけの額を隠せていたな…というくらい莫大な額なので相当上手い事やっていたんだと思います。きっと関与している人達もばれる事は無いと思っていたのでしょう。

しかし何だかんだ言ってやっぱり悪い事ってばれちゃいますよね。ばれた時にはそれまでの得?の何百倍も損をするというのに、何故してしまうんでしょう。それまでの地位や名誉も全て無くしてしまう事だって多いのに…。不思議ですね。

まあ「敢えて隠そう」とする人は少数だと思いますが、医師のバイトの確定申告も決められた義務ですからしっかりとりこぼしのないように注意しましょうね。隠すつもりがあった訳ではなく、知らなかったり忘れてしまっていて然るべき手続きをしていなくても結果は同じ事ですから。十分に注意をしましょう。

確定申告が必要なケース

医師で確定申告が必要なのは以下のような方々です。

・複数の病院でアルバイト等をしている人
・給与の年間の収入が2千万円を超えている人
・ひとつの病院のみで給与所得を得ていて、給与所得か退職所得以外に何らかの所得が20万円以上ある人
・住宅ローン控除などの確定申告書の提出が要件となっている制度の適用を受けたい人

確定申告をしなければならない医師の方はこんな感じです。 医師は意外と常勤をしながらアルバイトをしている方が多いので、当てはまっている人も多いと思います。また、アルバイトと言っても一般的なアルバイトと違って給与も高額な事が多いですので、やはり確定申告をしなければならなくなる人は多いのではないかと思います。全部の勤務先の合計給与を合わせると1千万を超えてしまうという方もちらほらいるようです。凄いですね。 そして勤務だけではなく論文の原稿料や専門学校の講師料などもありますからね。

さまざまな勤務形態等で働く医師にとっては、用意しなければならないものも多く大変面倒な手続きですが、気合いで乗り切りましょう。

確定申告時に用意するもの

源泉徴収票、国民年金の支払い証明書、国民健康保険の支払い証明書、生命保険料等の控除証明書(コレは加入していれば)など、基本的にはこのあたりのものが必要になってきます。

確定申告書の作成は国税庁のホームページにあるe-Taxが便利です。これは自宅にいながらにしてパソコンから必要事項に記入をするだけ。時間の無い医師の確定申告には最も向いている方法だと思います。

申告時期は2月16日から3月15日までの1ヶ月間ですので、医師のバイトで確定申告が必要な方は余裕を持って申告書の作成などをしておきましょう。

>>>医師のアルバイト探しの人気No.1を決定!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師アルバイト求人ランキング All Rights Reserved.