医師アルバイト求人ランキング

医師の産婦人科のアルバイト

医師の産婦人科のアルバイト

アルバイト医の募集が多く出ている案件の多くは、その診療科自体の医師不足というものが、深刻である診療科というものがほとんどです。そのひとつが、産婦人科という診療科になります。少子化の影響から、将来というものを不安視したドクターが、どんどん産婦人科を敬遠する。また訴訟のリスクが高いと言われている産婦人科の就職を避ける。

こういったことから、産婦人科のアルバイト求人というのは、非常に多いというのが現状です。まず産婦人科の求人の特徴として、婦人科単独での求人というものはほとんどありません。産科とセットという求人がほとんどだと言えるでしょう。またやはり女性特有の診療科ですから、男性のドクターよりも、女性のドクターにという患者さんの意見も多く、女性のドクターの需要が高いという特徴もある診療科です。

ただ需要は高いものの、少子化の影響もあって、出産の数が減少しているというおかしな現象が起こっています。つまりは、産婦人科医の収入が減少傾向にあるということなのです。ドクターが獲得できないということもあり、総合病院などでも、廃科をしたり、地方の小さなクリニックなどでは、廃院の憂き目に合っているところも見受けられます。

産婦人科のアルバイトがここまで多いのには、大きな理由があります。それは過酷な勤務状況です。出産の日時は、作為的に計画することができません。産婦人科医でも、勝手に出産をコントロールすることはできないのです。ですから、365日24時間体制で、出産を希望している患者さんの受け入れ態勢をとっていなければならないということなのです。これが、産婦人科医の成り手の減少の大きな要因であり、さらにその少ない中で長時間労働を余儀なくされる医師の増加を生んでいるのです。

こういった状況を少しでも打破したいとして、多くの産婦人科ではアルバイトの募集を行ったり、職場環境の改善というものを、積極的に行っているような状況なのです。求人は多いものの、こういった事情があるということを、しっかりと覚えておきましょう。

アルバイトであっても、出産時の際に、妊婦が死亡してしまったり、妊婦や新生児に後遺症が残ったりした場合には、当然に訴訟問題が発生し、その渦中に巻き込まれてしまう可能性があるということは、十分に考えられますから、こういったことは十分に考慮してアルバイトの応募をするように心がけてください。生半可な気持ちで応募すると、大変なことにもなりかねませんからね。

>>>医師のアルバイト探しの人気No.1を決定!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師アルバイト求人ランキング All Rights Reserved.