医師アルバイト求人ランキング

医師の保健所のアルバイト

医師の保健所のアルバイト

医師の免許を有していると、さまざまなアルバイトを行うことができるでしょう。ここではその中でも保健所に勤務するアルバイト求人について紹介していきましょう。

医師が保健所で行うアルバイトといえば、公衆衛生医師というところがほとんどでしょう。保健所で働く公衆衛生医師というのは、自分が担当しているエリアの住民が抱えている健康相談であったり、伝染病などの感染予防というものが主な業務になります。伝染病というと、なんだか仰々しい感じがしますが、毎年流行が変わるインフルエンザを代表として、ノロウィルスや嘔吐下痢、2013年度の流行といえば、成人を超えてからの風疹やマイコプラズマ肺炎などなどが挙げられるでしょう。

また現代人においては、精神系の疾患の対応なんてものも、保健所の医師が行う仕事として有名ですよね。常勤医では、800万円から1500万円というのが相場であり、一般的な臨床医と比較すると、ちょっと安めというような印象ですが、アルバイト求人の場合にはどういった傾向があるいのでしょうか。

やはりアルバイトの場合であっても、そのほかの臨床系のアルバイト案件のよりも、給与は安めです。日給でいえば、20000円から50000円というような非常に広い差というものがありますが、医師のアルバイト日給の相場は、80000円から15万円ですから、ちょっと低めの報酬であるということが言えるのではないでしょうか。

公衆衛生医の場合を例に挙げますが、医師の資格を有していること以外にも、3年以上の期間で公衆衛生の実務経験があるということが、必須条件になっているところもあります。つまりは公衆衛生の経験値というものが、採用条件になるところも大きいのです。もしも公衆衛生医としての経験というものがない場合には、国立保健医療科学院において研修を受けている必要があるのです。こういった公共の機関で働くアルバイトには、制限というものがつくものなのです。常勤医だからとかアルバイトだからということは関係ありません。それなりの経験や必要知識を有していないと、採用されるケースは少ないのですよ。

ですから、医師専門の転職支援サービスサイトに登録をして、まずは自分がアルバイト医でも、通用するレベルなのかどうかということを、しっかりと確認しておくことが大事なのですよ。まずは情報収集ということです。これがない場合には、保健所で働くことはできませんからね。

>>>医師のアルバイト探しの人気No.1を決定!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師アルバイト求人ランキング All Rights Reserved.