医師アルバイト求人ランキング

独立行政法人の医師アルバイト

医師としてのアルバイト先には、沢山の選択肢があるものですが、ここでは独立行政法人病院機構などの公立色の強い病院機関でのアルバイト求人について紹介していきましょう。

これまでのイメージでいえば、独立行政法人であったり、労災病院というものや、社保病院、また都道府県立病院や、市町村立の医療機関で働くことができれば、すべて公務員待遇を受けることができると思われがちでした。たとえそれがアルバイト求人であっても、ある一定の条件などをクリアすれば、公務員待遇というものが待っていると思われがちだったのですが、現在はそうではなないのです。

公務員共済年金に加入することができないアルバイト医というものであれば、たとえ独立行政法人でのアルバイトだとしても、雇用を守られないケースというものは多く見られるのです。アルバイト医なわけですから、そこまでの待遇を期待するのはやめておいたほうが無難だと言えるでしょう。正直いって、独立行政法人へのアルバイト医として入職を目指すならば、常勤医としての転職を希望することの方が、さまざまな面でメリットがあると言えるでしょう。

一般的に独立行政法人のアルバイト医は、福利厚生や共済年金などには加入することができず、採用期間というものも、ある程度に決められている傾向が強いのです。ですから、アルバイト医として、安定というものを目指しているのであれば、独立行政法人のアルバイト求人には、手を出さない方が無難だと言えるのですよ。同じ仕事をしていても、正規職員とアルバイトの待遇には、大きな差があるわけですから、この差というものを知っていないと、入職後にあまりの待遇さに不平等感を高く感じ、後悔してしまったり、やる気がなくなるというケースが多いと言えるのですよ。

ただし独立行政法人に、アルバイト医として入職し、キャリアやスキルというものを認められて、正規職員に採用されるのを期待するというケースであれば、かなりオススメ出来る方法と言えるでしょう。しかしながら、1年経っても2年経っても、結果というものを出さない限り、こういったケースになることは考えづらいと言えるのですよ。いつまでもアルバイト待遇のままで時間を過ごすということになるのです。

こういった現状を十分に理解しているのであれば、独立行政法人のアルバイト医になることは、オススメできるものです。求人数は毎年一定数にありますし、特に4月期や6、7月期のアルバイト求人は非常に多く見られる傾向がありますからね。

>>>医師のアルバイト探しの人気No.1を決定!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師アルバイト求人ランキング All Rights Reserved.