医師アルバイト求人ランキング

大学病院の医師アルバイト

医師のアルバイト求人は、医師不足の影響もあり、沢山に存在しますが、大学病院のアルバイト求人は、どのような傾向があるのでしょうか。大学病院といえば、未だに医局の色が強く、外部からのアルバイトなど、入る隙もないというようなイメージが持たれるものですが、実際のところは、どういった状況にあるのかを紹介していきましょう。

大学病院と一般の民間病院は同じ医療機関ではあるものの、仕事内容であったり環境というものに若干の違いというものがあるのは、しっかりと頭に入れておきたいところですね。大学病院では、一般的な診療業務はもちろんのこと、研修であったり教育の分野の仕事、さらに勉強会などが積極的に開催されることが多く、最先端の医療を学ぶには、絶好の医療機関でもあるわけです。

転職を目指すドクターのほとんどは、年収や待遇云々というものではなく、ドクターとしてのキャリアアップを目指していて、ドクターとしての見識を広げたいとか、特定の専門分野というものを極めていきたいとか、スキルや知識を高めていきたいという方が目指す職場だといえるのですよ。

現在は大学病院でも医師不足の傾向が強くなっています。診療科によって、相違というものはあるものの、常勤医はもちろんのこと、アルバイトの求人も近年では多く見られています。昔と今とを比較するわけではないですが、現在は医師というものを、職業のひとつとして取られている傾向が強いように思えます。志を高く持ち、人のために役に立ちたいという感じではなく、医師としての特殊なスキルを活かして、高い経済力を獲得したいといった職業としてのニュアンスが強いのです。

ですから、訴訟リスクが高かったり、激務というものが予測される、小児科医や、産婦人科医。また救急救命の分野などを中心として、医師の成り手というものが激減しているのです。ですから大学病院への目的であり、専門性を高めたいというようなドクターが減りつつあるわけです。ドクターという職業であっても、それぞれの人生がありますから、この考えというものがいいとか悪いとか言うつもりはありません。しかしながら、こういったことを理由に、比較的に給与や待遇面が悪いとされている大学病院のドクターが減少傾向にあるのも事実です。

現在リクルートドクターズキャリアなどの転職支援サービスサイトの非公開求人を中心として、アルバイト医の募集が広く行われている状況ですから、積極的に利用していきましょう。

>>>医師のアルバイト探しの人気No.1を決定!




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師アルバイト求人ランキング All Rights Reserved.